耳鼻咽喉科臨床
Online ISSN : 1884-4545
Print ISSN : 0032-6313
ISSN-L : 0032-6313
半夏厚朴湯による咽喉頭異常感症女性例の治療成績
山際 幹和福生 治城坂倉 康夫三吉 康郎
著者情報
ジャーナル フリー

1983 年 76 巻 4 号 p. 1307-1319

詳細
抄録

咽喉頭異常感症女性例50例を東洋医学的診断を行うことなく, 西洋医薬と同様の概念でツムラ半夏厚朴湯 (7.5g/日, 14日間連日経口投与) を用いて治療した. 自覚症状の改善率が80%以上を著効, 50%以上を有効, 30%以上をやや有効, それ未満を不変として効果を判定した. その結果, 著効, 有効およびやや有効率は, 1週目で各々26%, 26%, 8%, 2週目で各々42%, 16%, 12%, 又, 3週目 (休薬後1週目) で各48%, 18%, 6%であった. 1例に副作用らしき症状 (嘔気) がみられた. 種々の点から治療成績の分析を行ったところ, 発症より本剤による治療開始までの期間が短い例ほど有効率が有意に高いことが判明したが, 本剤の作用機序を類推するには至らなかった. 西洋医学的診療に加え, 東洋医学的診療を行うことにより, 本症の治療成績は明らかに向上するものと考えた.

著者関連情報
© 耳鼻咽喉科臨学会
前の記事 次の記事
feedback
Top