日本エネルギー学会誌
Online ISSN : 1882-6121
Print ISSN : 0916-8753
ISSN-L : 0916-8753
特集:バイオマス(資料)
高効率・出力外燃機関の開発とバイオマス発電システムへの応用の提唱
石川 諒
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 98 巻 10 号 p. 259-264

詳細
抄録

現在環境問題の解決策としてバイオマスなどの再生可能エネルギーを利用した発電が注目されている。本研究では高効率であるスターリングエンジンを元に,作動流体に蒸気を利用すれば高出力を達成できるのではないかと考えた。そして,スターリングエンジンの定容加熱過程に蒸気を入れた場合について考え,サイクルの計算を行った。その場合理論上サイクルでは元のサイクルに比べて高圧になった。さらにその場合出力を大幅に向上させることが可能であるということが確認された。これをγ型スターリングエンジンにおいても計算を行い出力の向上を確認した。さらに,このエンジンを,バイオマスを燃料として稼働させた場合の効率について計算を行った。結果効率よく稼働させるためには,木材チップ1 kgに対して水が50 kg以上必要であることが分かった。このことから冷却にさえ注意すれば効率よくバイオマスを利用して発電が可能であり,尚かつ実用的なレベルであるということが分かった。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本エネルギー学会
前の記事 次の記事
feedback
Top