エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
ISSN-L : 1343-9677
研究論文・速報論文・技術論文
人体内通信におけるウェアラブル送信機の電極構造によるインピーダンス整合と電極設計
越地 福朗佐々木 健
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 12 巻 3 号 p. 221-232

詳細
抄録

人体内通信システムにおけるウェアラブル送信機に着目し,TLM(Transmission Line Matrix)法による電磁界解析および実験により,電磁界分布および送信機電極の入力インピーダンス特性を検討し,腕部モデルにより送信機電極の入力インピーダンス特性の評価が可能であることを示し,そのインピーダンス特性は,送信機の電極長および電極幅に反比例し,電極間隔に比例することを明らかにした。解析結果から電極寸法に対する電極の入力インピーダンス特性の近似式を求め,腕時計サイズ(30 mm×30 mm)の送信機における電極設計を試みた。電極長,電極幅,電極間隔がそれぞれ,11.2 mm,30 mm,7.6 mmの時に,変成器やスタブを用いることなく50 Ω系の電極が得られ,この電極の採用により,送受信機間の伝送特性が2~12 dB改善することを確認し,電極設計における近似式の有効性を示した。

著者関連情報
© 2009 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top