エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文・技術報告
直接フリップチップ接合を用いた蛍光体変換型LEDの発光効率の実装密度依存性
加門 邦人竹下 淳一福井 剛宮地 努内田 裕士倉井 聡田口 常正
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 13 巻 1 号 p. 58-62

詳細
抄録

われわれは,近紫外LEDスモールチップを直接フリップチップ接合法で基板に集積し,ハイパワーLEDを作製している。スモールチップはパッケージに対してのレイアウトの自由度が高いため,最も効率の得られる配置についての検討を行った。集積するにあたり,近接するLEDチップによる光の相互吸収の実験を行ったが確認されなかった。このことから集積する際には熱による発光特性への影響を考慮すればよいことがわかった。チップ数の異なるLEDパッケージの光学特性の比較から,熱による光束の飽和現象,効率の低下が顕著であり,高効率化には必要光束を達成できる範囲内で,最も少ないチップ数を実装することが重要であることを示した。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top