エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
黒鉛粒子配向制御によるコンポジットシートの高熱伝導化
山本 礼吉田 優香吉川 徹矢嶋 倫明関 智憲
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 13 巻 6 号 p. 462-468

詳細
抄録

CPUなど半導体素子の発熱量増大に対応するため,より柔軟で熱伝導性に優れる接続材料が求められている。しかし,熱伝導粒子を樹脂中にランダムに分散した従来の熱伝導材料では,柔軟性,熱伝導性ともに限界に達していた。そこでわれわれは,コンポジットシートの構造制御により柔軟性と高熱伝導性の両立を図ることを試みた。その結果,黒鉛粒子を異方性形状に加工し,アクリルポリマー中で膜厚方向に配向,かつ貫通させることにより,従来品の10倍以上の熱伝導率と優れた柔軟性を示すシートを開発した。さらにこのシートの実使用条件での特性を調査した結果,圧縮応力下での黒鉛粒子の配向維持による高い復元性と優れた耐熱性,耐熱衝撃性を示すことを確認した。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top