エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
パワーモジュールにおけるソルダリング部のボイド低減
藤野 純司加柴 良裕福本 信次藤本 公三
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 15 巻 6 号 p. 470-475

詳細
抄録

近年,地球温暖化の抑制と省エネルギを達成するために,パワーモジュールが輸送機器のみならず家庭電化製品にも普及しつつある。これらの半導体パッケージは,高電圧・大電流で駆動されるため大面積セラミックス基板がCu製のヒートシンクに搭載される。本論文においては,ボイド低減を可能とする接合プロセスを開発した。スリットで分割されたパッドに高融点ソルダバンプを形成したセラミックス基板を,低融点ソルダペーストを印刷したCuヒートシンクに搭載し,リフローすることで接合を完了する。その結果,この接合部は従来法に比較してボイドが少なくなることがわかった。さらに,X線動画観察により,本手法においてボイドが消失していくメカニズムを明らかにした。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top