エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
特異応力場の強さに基づく単純重ね合わせ継ぎ手のはく離破壊基準の検討
宮﨑 達二郎野田 尚昭李 戎内木場 卓巳佐野 義一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 16 巻 2 号 p. 143-151

詳細
抄録

本研究では,接着継手の強度を界面端部に生じる特異応力場の強さの観点から検討した。具体的には最近行われた単純重ね合わせ継ぎ手の実験結果に注目して,その剥離条件が特異応力場の強さが一定で表現できるかを考察した。特異応力場の強さを求めるため,応力場の相似性に基づいて開発された第ゼロ節点法を用いることが有用であることを述べる。接着層の長さおよび厚さを種々に変化させながら行われた実験結果を,破断荷重時の界面端部の特異応力場の強さで整理した。単純重ね合わせ継ぎ手は,接着長さが極端に短い場合を除き,被着材と接着剤の界面端部よりはく離が生じ,それがぜい性的に成長することで破断に至る。このような破壊が生じる場合には,試験片の破断荷重時の特異応力場の強さは,接着長さおよび接着層厚さに関係なく一定となることが確認された。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top