エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
ポリピロールナノ分散液を用いたPETフィルム上への無電解パターン銅めっき
芦澤 弘樹加藤 真一郎中村 洋介
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 16 巻 2 号 p. 152-158

詳細
抄録

PETフィルム上へのパターンめっき方法として,ポリピロール塗膜への紫外線照射により酸化還元能力が消失することを利用した無電解めっき方法を検討した。まず,紫外線照射条件を検討したところ,ポリピロールの酸化還元能力の消失には300 nm以下の紫外線が有効であった。また,表面抵抗値を1012Ω/□以上とすることにより,紫外線照射部位にめっきが析出しなくなった。さらに,ポリピロールに紫外線をパターン照射した後のめっき条件を検討した結果,触媒処理後にパラジウムイオンをパラジウム金属に還元する還元処理工程を行うことで,紫外線照射部に残留する微量のパラジウムが除去され,パターンめっきが得られた。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top