エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
入出力整合補償回路を有する中心周波数可変型インターディジタル結合共振器バンドパスフィルタに関する基礎検討
關谷 尚人和田 光司大嶋 重利
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 16 巻 3 号 p. 211-217

詳細
抄録

本論文では,中心周波数可変バンドパスフィルタ(BPF)の中心周波数チューニング後に帯域内通過特性が劣化する問題を解決するため,入出力整合補償回路を有する中心周波数可変3段インターディジタル結合共振器BPFを提案した。帯域内通過特性の劣化の原因は中心周波数チューニング後に外部Q (Qe)と共振器の共振周波数が設計値からずれるためである。提案する入出力整合補償回路はQeと共振器の共振周波数を入出力部だけで所望の帯域内通過特性が得られるよう調整できることをシミュレーションによって示した。設計した3段BPFを試作および測定した結果,入出力整合補償回路を用いることで,帯域内通過特性の劣化なしに中心周波数を4.98~3.78 GHz (27.3%)までチューニングできることを実験的に確認した。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top