エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
人体腕部における組織構造を考慮した人体通信用ファントムの開発と電気定数に関する検討
村松 大陸越地 福朗越地 耕二佐々木 健
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 1 号 p. 63-68

詳細
抄録

従来,人体通信の実験評価には,筋肉の電気特性を有する均質ファントムが用いられてきた。しかし,皮膚,脂肪,筋肉から成る多層構造ファントムが必要であることが明らかになっている。さらに,人体通信の周波数帯域である10 MHz周辺では,従来ファントムによる人体の特性再現は困難となる。このため,10 MHzで利用可能な人体通信用多層構造ファントムの開発が急務である。本研究では,筋肉および脂肪ファントムについて検討し,人体通信機器の入力インピーダンス特性の測定に適用可能な電気定数の範囲を明らかにした。解析結果から,筋肉および脂肪ファントムは,従来の材料の比率調整で容易に作成可能であることを明らかにした。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top