エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
高速スイッチング用GaNデバイスの定常および過渡状態での熱シミュレーション
小野 哲Ciappa Mauro日浦 滋高木 茂行
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 6 号 p. 484-491

詳細
抄録

GaN(ガリウム・ナイトライド)を使ったマイクロ波デバイスとパワーデバイスで,定常状態と過渡状態における熱シミュレーションを行った。有限要素法を用いて定常状態での温度分布と過渡状態での温度変化を求めた後,Foster型の熱等価回路モデルを抽出した。熱等価回路モデルは,デバイスの層数よりも回路段数を多くすることにより,高周波領域における温度変化を表現できる。このモデルをマイクロ波デバイスとパワーデバイスに適用した結果,それぞれに適したスイッチング周波数での温度変化は16.9°Cと1.7°Cであった。温度差の原因は,熱源の消費電力密度が異なるためである。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top