エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
研究論文
システムデザイン手法SDSI-Cubicを用いたシステムLSIの適正設計
村田 秀則岩田 剛治多屋 淳志佐藤 了平森永 英二岡本 和也工藤 啓治青山 和浩古賀 毅
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 7 号 p. 529-541

詳細
抄録

システムLSIは回路の大規模化により,すり合わせによるシステムデザインが難しくなっている。そこで本研究では,推定した理想構成範囲において,システム全体のパラメトリックなモデリング,重要設計項目の抽出と相反問題を考慮した最適化ワークフローを作成,最適解を自動で求め,適正設計を行うシステムデザイン手法SDSI-Cubicの検討を行った。さらに自動実行のためのアルゴリズムの考案と連携ソフトウェア群を作成し,本手法を構築した。本手法をシステムLSIの構想設計段階に適用した結果,重要設計項目である性能,消費電力,コストの相反問題を考慮した適正設計を行うとともに,本手法の適用性を明らかにすることができた。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top