エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
ISSN-L : 1343-9677
LSIの電源端子電流モデルを考慮した三次元モーメント法による電子機器の電源電圧変動に起因する放射EMI解析
白木 康博山中 康弘阿部 則夫島嵜 睦
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 10 巻 6 号 p. 469-476

詳細
抄録

本論文では, LSIの電源端子電流モデルを組み込んだ三次元モーメント法を用いて, FM帯域 (76MHz~108MHz) における電子機器の電源電圧変動に起因する不要電磁放射 (放射EMI) の評価方法および結果について述べる。まず, LSIの電源端子電流モデルの導出手順を定量的に述べ, LSIの電源端子電流モデルを三次元モーメント法に適用する接続方法を検討した。さらに, モーメント法を用いた電磁界解析により, プリント配線板が異なる2種類 (放射EMI対策前, 対策後) の電子機器について, 放射EMIの指標である遠方電界強度を計算して, 放射EMI対策が有効であることを示した。放射EMI対策として, 給電系のバイパスキャパシタ値および配線形状の変更を行い, 給電インピーダンスを低減させた。最後に, 実測により放射EMIの解析結果を検証し, 解析精度が妥当であることを示した。

著者関連情報
© 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top