エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
カーボンナノチューブ複合電解ニッケルめっき皮膜の特性評価
酒井 豊明中沢 昌夫深瀬 克哉若林 信一金子 紀男
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 8 巻 1 号 p. 65-71

詳細
抄録

マルチウォールカーボンナノチューブ (以下MWCNT) の優れた特性を活用する方法の1っとして, Niめっき皮膜中にMWCNTを均一に複合させた機能めっきの開発を行った。そして, 作製したNi/MWCNT複合めっき皮膜中のMWCNTの機械的特性および熱特性に与える影響にっいて調査した。得られたNi/MWCNT複合めっき皮膜では, MWCNTを含まないNi単独のめっき皮膜に比べて, 摩擦係数が0.4から0.1に減少し, 比摩耗量が4.683×10-7mm2/kgfから1.532×10-7mm2/kgfに減少した。また, 熱の放射率は, 3~30μmの波長範囲で, 最大0.89を示すとともに, ほぼ一定の高い値を維持し, ヒートシンクとして熱抵抗を減少させる効果を有していることがわかった。

著者関連情報
© 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top