エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
半導体パッケージ実装構造の熱―応力連成解析によるはんだ接合部の信頼性設計法
廣畑 賢治久野 勝美高橋 浩之向井 稔川上 崇青木 秀夫高橋 邦明
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 9 巻 5 号 p. 405-412

詳細
抄録

半導体実装構造の熱-応力連成解析法により, 素子動作時の半導体パッケージと冷却フィン間の接触熱抵抗変化を考慮したうえで, 市場での想定負荷における熱応力・ひずみ状態を再現することを試みた。さらに実装設計に内在する設計変数が, はんだ接合部の熱疲労破損に及ぼす影響度を統計的に解析したうえで実装信頼性解析を行い, 半導体パッケージの実装信頼性設計において, 同時不良発生確率を指標に設計案を算定できることを示した。

著者関連情報
© 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top