腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
総  説 <平成25年度日本ビフィズス菌センター研究奨励賞受賞>
ビフィズス菌の免疫調節作用とその作用機序に関する研究
岩淵 紀介
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 28 巻 4 号 p. 141-146

詳細
抄録

ビフィズス菌や乳酸菌といったプロバイオティクスの摂取はアレルギーや感染を予防・軽減することが知られ,これらの生理機能はプロバイオティクスがサイトカインなどの免疫パラメーターを調節することでもたらされると考えられる.しかしプロバイオティクスが免疫パラメーターをどのように調節するかについては不明な点が多い.本研究では,抗アレルギー作用や感染防御作用が臨床試験で示唆されているBifidobacterium longum BB536を用いて,ビフィズス菌がアレルギー発症に関わるサイトカイン・ケモカインの産生に及ぼす影響およびその作用機序をin vitro試験で検証し,ビフィズス菌摂取が感染防御に関わる免疫パラメーターに及ぼす影響を臨床試験で検討した.

著者関連情報
© 2014 (公財)日本ビフィズス菌センター
次の記事
feedback
Top