J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報メディア研究
Vol. 9 (2010) No. 1 P 1-14

記事言語:

http://doi.org/10.11304/jims.9.1

原著論文

本稿では三木清の読書論を精読志向と濫読志向の矛盾という観点から読み解こうとした.三木には精読の対象を知るために濫読が必要であるという論と,多読する対象をみる目を養うために精読が必要という逆の発言がある.また三木は古典志向であり,その限りでは当然精読の方に親和的になる.その反面,三木の古典志向は『パスカルにおける人間の研究』での次元の相違の議論や,その延長上にあるスタンダールの結晶作用に由来し,本来他のものが古典に選ばれる可能性があった点を強調しうる.その意味で,古典研究の際,精神のオートマティズムを避けるには古典の周囲に埋もれた作品を読む必要もあり,多読志向は古典を読む際にも必要とされるという議論も成り立つ.さらに三木は古典のみを読む研究者と現代社会を批評する評論家を対比させる際には,後者を現代においてものを作る人として評価する.精読対濫読,古典対現代物,ゆっくり読む対速読という対立項は三木の相互のテキストにおいて矛盾しがちであるが,これは戸坂潤の常識の二側面にも対応する.さらに『パスカルにおける人間の研究』の次元の相違の議論を,時間軸,空間軸それぞれの異質性へと展開するならば,いいかえると知識人が古典を精読することも現代物を濫読することも,知識人としての限界を越える営みと捉えるならば,これらの矛盾は一貫したものとして捉えうる点を,本稿は明らかにし,共通感覚の問題と読書論との繋がりを示した.

Copyright © 2010 情報メディア学会

記事ツール

この記事を共有