日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
学会通信
熱中症の実態調査−日本救急医学会Heatstroke STUDY2012最終報告−
日本救急医学会 熱中症に関する委員会
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 25 巻 11 号 p. 846-862

詳細
抄録

日本救急医学会熱中症に関する委員会は,2012年の夏季3か月間に全国103の救急医療施設から熱中症の診断で受診した2,130例について,あらかじめ指定したデータ記入シートを用いて臨床データを収集しその特徴を明らかにした。平均年齢は45.6±25.6歳(1~102歳),中央値42歳。平均年齢は男性 44.1歳,女性 48.5歳であった。 重症度ではI度:II度:III度は984:614:336(未記載196),作業内容ではスポーツ:仕事:日常生活・レジャーは494:725:630(未記載281),日なた:日陰:屋内は1165:54:831(未記載12)であった。死亡例は39例あり(不明2),熱中症を原因とする症例が28例であった。 なかでも重症例における後遺症発生率,死亡率は前回までの調査に比し一転して低下したことは,国を挙げての啓発活動や予防への取り組みが一定の効果を上げたものと推察できる。

著者関連情報
© 2014 日本救急医学会
前の記事
feedback
Top