日本応用動物昆虫学会誌
Online ISSN : 1347-6068
Print ISSN : 0021-4914
ISSN-L : 0021-4914
原著
宮古島のトウガン施設栽培圃場において2009年に観察されたナミハダニ黄緑型の広域発生とその後の消滅
宮城 聡子大石 毅大野 豪與座 一文大石 彩子喜久村 智子貴島 圭介山口 綾子宇久田 理恵小禄 博昭
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 55 巻 4 号 p. 241-247

詳細
抄録

沖縄の南西部に位置する先島諸島においては,ナミハダニ黄緑型Tetranychus urticae(green form)は稀な種であると思われてきたが,我々は,本諸島に属する宮古島の広範囲にわたるトウガン栽培施設において,2009年に本種が同時的に発生したことを明らかにした.この年,本種が発生した圃場は調査圃場の43%にのぼった.一方,翌2010年には本種の発生は自然に収束し,1月から5月にかけて調査圃場のわずか3%で発見されたにすぎず,その後発見されなくなった.この結果は,本種は宮古島では一時的に増加できるものの,永続的な定着ができないことを示唆する.なお,トウガンにおける他のTetanychus属ハダニ類の発生頻度と種構成は,2009年と2010年の間で有意に異ならず,ナミハダニ黄緑型の発生は同属他種の発生には影響しなかったことが示唆された.

著者関連情報
© 2011 日本応用動物昆虫学会
前の記事 次の記事
feedback
Top