日本助産学会誌
Online ISSN : 1882-4307
Print ISSN : 0917-6357
ISSN-L : 0917-6357
資料
育児支援を行うことが中心となる双子の祖母の生活
渡部 香名映濵 耕子
著者情報
キーワード: 育児支援, 双子, 祖母, 実態
ジャーナル フリー

2019 年 33 巻 2 号 p. 213-224

詳細
抄録

目 的

育児支援を行う双子の祖母の生活の実態を明らかにすることである。

対象と方法

A県内の多胎サークル等と多胎妊娠を扱う医療機関に研究協力を依頼した。育児支援を行う双子の祖母6名を対象に半構成的面接調査を行い,質的記述的に分析した。

結 果

カテゴリー【孫二人の育児の繁忙さ】は<大人二人いても応えきれない二人の泣き><自分の育児と異なり時間と手間がかかる授乳><連続する入浴><自分も母親だと思うほどの育児><加齢による身体的負担>のサブカテゴリーから,カテゴリー【家庭生活に加え双子と娘への責務が重なる負担】は<今まで通りの家庭生活における気遣いをしていくことの大変さ><娘への気遣い><同居家族の協力の無さ>のサブカテゴリーから,カテゴリー【自分は二の次にする】は<趣味の時間の制限><仕事量を調整する><自分で時間を自由に使えない不自由さ>のサブカテゴリーから,カテゴリー【双子の発育状況や一児への思い入れの偏りから生じる自責感と家族の不協和音】は<双子の成長を比べてしまう自責感><自分に偏愛がある申し訳なさ><家族みんなが双子の一人を気にかけている><偏愛から生じた家族の不協和音>のサブカテゴリーから,カテゴリー【娘の母親として力になりたい】は<母親として娘の負担を減らしたい><親にしてもらったことを娘にもしてあげたい>のサブカテゴリーから,カテゴリー【自分にプラスになる】は<孫がなついてくれる><育児支援を行うことで娘との心理的距離が近づく><娘や双子と過ごす中で得た楽しい経験><健康増進につながる>のサブカテゴリーから,カテゴリー【今だけ仕方ないと思う】は<双子の成長と共に楽になるという見通しをもつ><現状の生活が限られた時間であるという予測>のサブカテゴリーから構成された。

結 論

双子の祖母は育児支援を行うことが生活の中心となっていた。

著者関連情報
© 2019 日本助産学会
前の記事
feedback
Top