計量生物学
Online ISSN : 2185-6494
Print ISSN : 0918-4430
ISSN-L : 0918-4430
定量的リスク評価と定性的リスク評価との架橋
—定量的リスク評価モデル当てはめにおける質的選択モデルの役割—
椿 広計大野 忠士
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 29 巻 Special_Issue_2 号 p. S133-S141

詳細
抄録

The paper clarifies the importance of pre-analysis to identify the specific populations with extraordinary high or low risk before usual quantitative risk assessment model fitting. An illustrative example is shown to explain our idea and proposed procedures.

著者関連情報
© 2008 日本計量生物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top