生物教育
Print ISSN : 0287-119X
研究資料
簡単で安価な電気泳動装置の開発による実践的な電気泳動実験
倉林 正武村 政春
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 58 巻 3 号 p. 114-121

詳細
抄録

本研究は,安価で簡単に自作できる簡易電気泳動装置を開発するとともに,電気泳動実験全体の費用を軽減させる方法を考え,授業で実施しやすくする安価な電気泳動実験を開発することを目的とした.本研究では,「弁当用シリコーン容器」,「鉛筆の芯」,「乾電池」,「リード線」を材料に安価で簡単に自作できる簡易電気泳動装置を開発することができた.さらに,使用する試料やゲル,結果確認の方法を工夫することによって,電気泳動実験全体の費用も軽減することができた.授業実践では,生徒たちもスムーズに実験操作を行うことができ,適切な結果を得ることができた.また,生物教員を対象とした質問紙調査では,多数の教員から本研究で開発した電気泳動実験を授業で実施できるという回答が得られた.以上のことから,本研究は,高校生物等の授業で電気泳動実験を実施しやすくするために有効であることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本生物教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top