生物教育
Print ISSN : 0287-119X
研究論文
中学校理科「生物の種類の多様性と進化」の単元における自然選択説の学習教材の試験的導入
―ジェルポリマーを用いた実習とその効果―
山本 浩大
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 61 巻 3 号 p. 136-143

詳細
抄録

現行の中学校学習指導要領理科編では,生物分野で生物の種類の多様性と進化を学ぶ.しかし,教科書には実験や観察が1例しか無く,理解を促す有効な方法が限られていることが現状である.現在の指導方法ではラマルクの考えである獲得形質の遺伝や強いものが生き残ると考える誤概念が見られることが,中学生を対象にした進化に関する調査で明らかになっている.そこで,本研究では進化理論である自然選択説を容易に理解できるモデル教材を作成し,その教材の有効性について検討を試みた.本教材は視覚的に環境の違いを再現したことにより,進化の理論の柱となっている自然選択説を容易に理解させることに有効であることが示唆された.一方で,獲得形質の遺伝に関する誤概念の修正は行えなかった.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本生物教育学会
次の記事
feedback
Top