行動療法研究
Online ISSN : 2424-2594
Print ISSN : 0910-6529
緑内障患者の心身医学的特徴と自律訓練法を中心とする心理的アプローチの効果
相川 裕子土屋 利紀原田 一道高山 巌
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 22 巻 1 号 p. 1-11

詳細
抄録

通院中の緑内障,高眼圧症患者の心理的,身体的特徴を面接,タイプA行動質問紙法で捉えた。その結果,18人の緑内障患者のタイプA行動の平均得点は22人の健常者の平均得点に比べて有意に高かった。緑内障患者は心理的緊張が強く,身体的にも過緊張状態がみられた。そこで,心身の緊張を緩和させるために,ATを中心とする心理的アプローチを試み,症状がどのように変化したか検討した。ATを習得した患者全員の症状が緩和し,ATの実施によって,眼圧不安定だった緑内障,高眼圧患者8例中6例において,統計的に有意な眼圧下降が認められた。これらの結果から,緑内障患者は,交感神経系が充進状態にあることが推測され,ATを中心とした心理的アプローチが,一部の患者の症状緩和に有効であることが確かめられた。

著者関連情報
© 1996 一般社団法人 日本認知・行動療法学会
次の記事
feedback
Top