行動療法研究
Online ISSN : 2424-2594
Print ISSN : 0910-6529
Personal Values Questionnaire IIの内的整合性と妥当性の検証
土井 理美横光 健吾坂野 雄二
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 40 巻 1 号 p. 45-55

詳細
抄録

本研究の目的は、Acceptance and Commitment Therapy(Hayes et al.,1999)の文脈で用いられる「価値」の概念を多面的に測定することが可能であるPersonal Values Questionnaire II(PVQ-II;Blackledge et al.,2010)の因子構造、内的整合性、妥当性を検討し、PVQ-IIがより活用されるよう精緻化を行うことであった。大学生、大学院生、一般成人388名を対象に項目分析、探索的因子分析を実施した結果、1項目が削除され、PVQ-IIは8項目3因子構造であることが示された。また内的整合性、妥当性ともに十分な値が示された。そして、413名を対象に確認的因子分析を実施した。その結果、第1因子と第3因子の相関を仮定した3因子構造モデルの適合度は十分な値を示していた。その結果、PVQ-IIの標準化に関するデータを追加し、わが国でもPVQ-IIの利用が可能であることが明らかとなった。今後は、PVQ-IIをわが国においても普及させていくために、わが国におけるPVQ-IIの特異性を明らかにしていく必要がある。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本認知・行動療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top