比較経済研究
Online ISSN : 1883-9819
Print ISSN : 1880-5647
ISSN-L : 1880-5647
特集 世界金融危機1年後の経済状況
現代国際金融とドル体制の現局面
奥田 宏司
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 47 巻 2 号 p. 2_15-2_26

詳細
抄録

小論ではドル体制とはどのような体制であるかを規定したうえで,ドル体制の現局面を明らかにしたい.オイルマネーの米への還流,EU,日本等の対米投資の「復活」も厳しいとすれば米経常赤字のファイナンスは厳しく,ドル体制は不安定さが増していくだろう.また,「ドル離れの兆候」がいくつかみられる.ロシアも含め全欧州においてユーロの地位が高まってきており,湾岸諸国においてドル・ペッグ制が継続されるか予断を許さない.

著者関連情報
© 2010 比較経済体制学会
前の記事 次の記事
feedback
Top