高垣 敬一村橋 邦康岸本 圭永子己野 綾西野 光一青木 豊明曽和 融生, 経肛門的直腸異物の5例―本邦報告140例の検討を加えて―, 日本外科系連合学会誌, 2010, 35 巻, 2 号, p. 199-204, 公開日 2011/04/25, Online ISSN 1882-9112, Print ISSN 0385-7883, https://doi.org/10.4030/jjcs.35.199, https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcs/35/2/35_2_199/_article/-char/ja, 抄録:  経肛門的直腸異物は,性的嗜好などが原因で肛門から異物が挿入され,抜去不可能となったものである.われわれは平成18年~平成19年の2年間で5例の経肛門的異物を経験した.5例中2例は同一の患者であった.平均年齢は56.2歳(30~67歳),全て男性であった.主訴は5例とも異物摘出困難であった.挿入の動機は不明1例,自慰3例(2名),Sadomasochism(以下SM)行為1例であった.異物はプラスチック製の蓋,電動歯ブラシおよびスプーン,プラスチック製の洗剤容器が2例(同一患者),とうもろこしであった.診断はいずれの症例も腹部単純X線で確認出来た.摘出方法は無麻酔下経肛門的摘出1例,腰椎麻酔下経肛門的摘出3例,全身麻酔開腹下経肛門的摘出術1例であった.術後合併症は特に認められなかった.平均入院期間は5.4日(3~10日)であった.