日本外科系連合学会誌
Online ISSN : 1882-9112
Print ISSN : 0385-7883
ISSN-L : 0385-7883
腸管膜様包裏症の1例
今北 正道能勢 勝義坂上 均西田 豊三嶋 康裕岸本 圭互八幡 朋子若狭 研一
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 28 巻 2 号 p. 299-302

詳細
抄録

今回, われわれは腸管膜様包裏症 (peritonitis chronica fibrosa incapusulata) の1手術例を経験したので報告する。症例は72歳の男性, 某医でイレウスの診断にて保存的治療を受け, 入退院を繰り返していたが改善せず当科紹介され入院後手術を施行した。Treitz靱帯より回盲部までが白色の被膜に覆われ, その内部では全小腸が一塊に癒着しており被膜切除と癒着剥離術を施行した。

著者関連情報
© 日本外科系連合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top