日本栄養士会雑誌
Online ISSN : 2185-6877
Print ISSN : 0013-6492
ISSN-L : 0013-6492
高齢者の舌圧が握力および食形態に及ぼす影響
中東 教江山縣 誉志江栢下 淳
著者情報
キーワード: 舌圧, 握力, 食形態, 高齢者, 低栄養
ジャーナル フリー

2015 年 58 巻 4 号 p. 289-293

詳細
抄録

本研究では、舌圧を評価することにより食形態を決定することが可能かどうかを検証することを目的とし、合わせてどの施設でも測定可能な握力との関連性を検証した。健常な高齢者と、病院や施設に入院・入所している高齢者を対象に、簡易型舌圧測定装置を用いて舌圧を評価し、食形態や握力との比較を行い、その関連性を検討した。その結果、入院・入所している高齢者では、舌圧と握力は年齢とともに低下した。食形態の違いによる舌圧の差は認められなかったが、握力が20kgまたは舌圧が35kPaを上回ると、常食を摂取できることが示唆された。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本栄養士会
feedback
Top