発達心理学研究
Online ISSN : 2187-9346
Print ISSN : 0915-9029
原著(依頼)
日本における自尊感情の時間横断的メタ分析:得られた知見とそこから示唆されること
小塩 真司脇田 貴文岡田 涼並川 努茂垣 まどか
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 27 巻 4 号 p. 299-311

詳細
抄録

自尊感情はこれまでの心理学の歴史の中で非常に多くの研究で取り上げられてきた構成概念のひとつである。近年では,多くの研究知見を統合するメタ分析が注目を集めている。その中でも本稿では,平均値等の統計量をデータが収集された調査年ごとに統合することで,心理学概念の時代的な変化を検討する時間横断的メタ分析に注目する。小塩ほか(2014)は日本で報告されたRosenbergの自尊感情尺度の平均値に対して時間横断的メタ分析を試み,自尊感情の平均値が近年になるほど低下傾向にあることを見出した。また岡田ほか(2014)は,近年になるほど自尊感情の男女差が小さくなる可能性を報告した。本稿ではこれらの研究の背景と研究知見を紹介し,時代変化という要因を考慮に入れたうえで今後どのような研究の方向性が考えられるのかを展望した。具体的には,研究の継続性,検討する指標の多様性,行動指標への注目,関連性の変化への注目,社会状況の変化との照合という観点が提示された。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本発達心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top