人間工学
Online ISSN : 1884-2844
Print ISSN : 0549-4974
原著
テニスサーバー動作と熟練者の予測との定量的関係性
-ビデオ映像を用いた時間的遮蔽法による評価-
緒方 貴浩福原 和伸井田 博史高橋 まどか福林 徹
著者情報
ジャーナル フリー

51 巻 (2015) 2 号 p. 96-102

詳細
PDFをダウンロード (1115K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は,テニスサーバーの動作とレシーバーの予測の定量的関係性について,ラケット動作パラメータを説明変数,レシーバーのコース予測判断を従属変数とする重回帰分析によって明らかにすることを目的とした.12名のテニス熟練者および12名の非熟練者は,時間遮蔽で編集されたビデオ映像を観察し,テニスサービスのボール方向をvisual analog scale(VAS)により判断した.ラケットとボールのコンタクト直前の遮蔽において,熟練者群の正答率はチャンスレベルを超えているものの,非熟練者群の正答率はチャンスレベルを超えなかった.さらに,熟練者群のVASスコアを対象とした重回帰分析の結果では,ラケット動作パラメータは熟練者のボール方向の予測スコアを10.3%で説明した.この結果は,ラケット動作情報と熟練者の予測との関係があることを示している.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本人間工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top