人間工学
Online ISSN : 1884-2844
Print ISSN : 0549-4974
ISSN-L : 0549-4974
衣服圧の人体生理に及ぼす影響 (第1報)
呼吸量と胸部と腹部の呼吸分担について
太田 壽江高橋 知子高橋 春子久野 晧
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 24 巻 6 号 p. 379-385

詳細
抄録

立位および椅座位姿勢において, 3種の既製服ジーパンの衣服圧が呼吸量および胸部と腹部の呼吸分担に及ぼす影響を検討した. その結果は次のとおりであった.
(1) 椅座位において, ゆるみが少ないジーパンは腹部と体側部に強い圧迫を与えた. また, 体側部の衣服圧は腹部より高かった.
(2) 衣服圧の分散分析の結果, 衣服圧はジーパンの種類, 計測姿勢, 被験者の影響を受けることがわかった. 腹部は計測姿勢, 体側部はジーパンの種類の影響が最も大きかった.
(3) 腹部ならびに体側部の衣服圧が高いジーパンほど呼吸量の減少を招き, 胸部呼吸の分担を増加させた.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本人間工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top