人間工学
Online ISSN : 1884-2844
Print ISSN : 0549-4974
ISSN-L : 0549-4974
休憩時の覚醒度変化がその後の作業成績に及ぼす影響
廣瀬 文子長坂 彰彦
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 38 巻 1 号 p. 32-43

詳細
抄録

単調作業から生じる覚醒度の低下を防止する方法の一つとして短時間休憩がある. 本報では, 効果的な休憩の取り方について検討することを目的に, 覚醒度が低下するような休憩方法 (閉眼または閉眼+音楽) を用い, 休憩中の脳波変化の違いが休憩後の課題成績に及ぼす影響を調べた. また, 休憩直後に行う覚醒度上昇方策の効果を検討した. 休憩中の脳波変化は大きく3タイプ (θ・α2・β1波が増加するタイプ1, θ波のみが増加するタイプ2, どの帯域も変化しないタイプ3) に分類された. このタイプによって, 休憩後の課題成績に違いが見られた. タイプ1が成績維持にもっとも有効であり, 一方でタイプ3のみ課題時間の経過に従い, 成績が低下した. また, 覚醒度上昇方策は, タイプ1のとき成績維持により効果的に働いた. 脳波変化タイプと睡眠段階との比較から, 休憩中に Stage II程度の睡眠を得られることが, その後の成績維持に役立つことが考察された.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本人間工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top