人間工学
Online ISSN : 1884-2844
Print ISSN : 0549-4974
笑いにおける表情と呼吸の反応時間差の分析
自然な笑いと作り笑いの比較
中村 亨
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 38 巻 2 号 p. 95-103

詳細
抄録

おかしさを感じて自然に起きた笑いと, 作り笑いとの表出の差異を解明するため, 2つの実験を行った. 計測実験では, 眼輪筋及び大頬骨筋の筋電図, 呼吸曲線を記録し, 笑い表出に伴う反応の開始時間を分析した. 被験者は男性15名女性17名で, YG性格検査の得点で社交群と非社交群に分類した. コメディビデオを見せた時の‘自然な笑い’, 面白くないコメディビデオを見せた時の‘作り笑い’, 教示のみによる‘極端な作り笑い’の3種類を比較した. その結果, 3種類の笑い間で, 眼と呼吸の反応開始の時間差に有意差がみられた. また, 女性非社交群と男性社交群で, 眼と口の反応開始の時間差に有意差がみられた. 観察実験では, 計測実験の被験者のビデオ記録を刺激として, 男性12名女性13名が笑いの自然さを観察評価した. その結果, 呈示した笑い表出の種別と, 観察による評価の一致率は低いことがわかった. また, 表出者及び観察者の性別それぞれについて, 笑いの自然さの評価に有意差がみられた.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本人間工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top