J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

教育心理学研究
Vol. 63 (2015) No. 2 教育心理学研究 p. 111-120

記事言語:

http://doi.org/10.5926/jjep.63.111

原著

 近年, 学生相談において, 精度が高く簡便な精神的健康度のスクリーニング検査への要請が高まっている。従来, UPI, GHQ, K10の三者は, 同じものを測っているのか, 互いのカットオフポイントが共通なのかが不明確なまま, ともに「精神的健康度のスクリーニング検査」として用いられてきた。本研究では, この二点を明らかにすることを目的とした。大学新入生548名(男子270名, 女子278名)を受検者とし, UPI, GHQ-30, K10を同時施行した。その回答を, 相関係数, 因子分析, 項目反応理論による共通尺度化を用いて分析した。その結果, 三者のカットオフポイントは共通尺度上でほぼ同値であった。また三者の特徴が明らかとなった。UPIは日常的な困りごとのレベルで, GHQ-30はカットオフポイント付近での測定精度が高い。K10は少ない項目数で病気を切り分けることができる。三者は特徴に応じた使い分けが可能であるとわかった。

Copyright © 2015 日本教育心理学会

記事ツール

この記事を共有