教育心理学研究
Online ISSN : 2186-3075
Print ISSN : 0021-5015
原著
大学生活における主観的ソーシャル・キャピタル尺度の開発
芳賀 道匡高野 慶輔羽生 和紀坂本 真士
著者情報
ジャーナル フリー

65 巻 (2017) 1 号 p. 77-90

詳細
PDFをダウンロード (550K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究の目的は, 2つの研究を通して, 33項目から構成される大学生活における主観的ソーシャル・キャピタル尺度(SSCS-U)の開発と, 信頼性および妥当性を検討することにあった。本研究では2つの調査を通じて, SSCS-Uを構成する項目を選定し, 開発されたSSCS-Uの因子構造の再現可能性, 内的一貫性と再検査信頼性の検討, そして他の心理社会的要因との関連を検討した。その結果, SSCS-Uは, 仲間, クラス, 教員に関する主観的ソーシャル・キャピタルという3因子によって構成され, 因子構造の再現可能性があることが示された。また, 内的一貫性と再検査信頼性があること, ソーシャル・スキルおよび主観的ウェルビーイング, ソーシャル・キャピタル関連行動と関連があることが分かった。本尺度は, 学生が主観的に認知しているソーシャル・キャピタルを包括的に測定する尺度として, 大学生活のソーシャル・キャピタルに関する研究の更なる発展に寄与すると考えられる。

著者関連情報
© 2017 日本教育心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 会員の皆様へ教育心理学研究』65巻2号を8月10日にお送りしました。
    届いていない方は,学会事務局までご連絡をお願いします。
    日本教育心理学会 学会事務局
    TEL:03-3818-1534 FAX:03-3818-1575
    E-mail:office(at)edupsych.jp
その他のお知らせ
  • 日本教育心理学会では,教育心理学に関する研究の振興と研究成果の社会への還元を目的に,公開シンポジウムを開催しています。
    2017年度の公開シンポジウムは12月3日(日)13:00から東京大学経済学部第1教室で開催いたします。
    詳細は以下URLの専用ページをご覧ください。
    https://www.edupsych.jp/open-symposium2017/

関連情報

第60回総会は,以下の日程で開催します。
開催日 : 2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
担当校 : 慶応義塾大学
場 所 : 慶応義塾大学日吉キャンパス(独立館)

feedback
Top