教育心理学研究
Online ISSN : 2186-3075
Print ISSN : 0021-5015
原著
クラスサイズと学業成績および情緒的・行動的問題の因果関係
―自然実験デザインとマルチレベルモデルによる検証―
伊藤 大幸浜田 恵村山 恭朗髙柳 伸哉野村 和代明翫 光宜辻井 正次
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 65 巻 4 号 p. 451-465

詳細
抄録

 クラスサイズ(学級の人数)が学業成績および情緒的・行動的問題に及ぼす影響について,要因の交絡とデータの階層性という2つの方法論的問題に対処した上で検証した。第1に,学年ごとの人数によってのみクラスサイズが決定されている学校を調査対象とする自然実験デザインにより,学校の裁量に起因する要因の交絡や逆方向の影響の発生を防いだ。第2に,マルチレベルモデルの一種である交差分類(cross-classified)モデルを用いて,データの特殊な階層性を適切にモデル化した。第3に,学校内中心化によって学校間変動を除外することで,クラスサイズの純粋な学校内効果を検証するとともに,学校規模との交絡を回避した。9回の縦断調査で得られた小学4年生から中学3年生のデータ(11,702名,のべ45,694名,1,308クラス)に基づく分析の結果,クラスサイズの拡大は,(a)学業成績を低下させること,(b)教師からのサポートを減少させること,(c)友人からのサポートや向社会的行動の減少をもたらすこと,(d)抑うつを高めることが示された。こうした影響の広さから,クラスサイズは学級運営上,重大な意味を持つ変数であることが示された。

著者関連情報
© 2017 日本教育心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top