教育心理学研究
Online ISSN : 2186-3075
Print ISSN : 0021-5015
原著[実践研究]
中学生に対する認知行動的抑うつ予防プログラムの効果
―2年間のフォローアップ測定による標準群との比較―
髙橋 高人松原 耕平中野 聡之佐藤 正二
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 66 巻 1 号 p. 81-94

詳細
抄録

 本研究の目的は,中学生における認知行動的な抑うつ予防プログラムの効果を標準群との比較,さらに2年間のフォローアップ測定から検討することであった。介入群を構成した51名の中学1年生が,プログラムに参加した。標準群は,中学生1,817名から構成した。介入内容は,全6回の認知行動的プログラムから構成した。プログラムの効果を測定するために,子ども用抑うつ自己評定尺度,社会的スキル尺度,自動思考尺度が,介入前,介入後,フォローアップ測定1(1年後),2(2年後)で実施された。結果から,抑うつについて介入前と標準群1年生の比較では差が見られなかったのに対して,介入群のフォローアップ測定1と標準群2年生の比較では,有意に介入群の抑うつが低いことが示された。また,社会的スキルの中のやさしい言葉かけとあたたかい断り方,ポジティブな自動思考に関して,介入前よりも介入後,フォローアップ測定において向上することが示された。ユニバーサルレベルの抑うつ予防プログラムが,中学生に対して効果的な技法であることが示唆された。

著者関連情報
© 2018 日本教育心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top