J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

てんかん研究
Vol. 29 (2011-2012) No. 1 P 22-27

記事言語:

http://doi.org/10.3805/jjes.29.22

原著

抗てんかん薬内服中のてんかん女性のうち、月経異常を認める患者に対して卵巣MRI検査と血中性ホルモン測定を行い、現在までに9例が2007年日本産科婦人科学会の診断基準により多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された。これら9例は全例精神遅滞を合併しかつバルプロ酸(VPA)を服用中であったが、うち7例は難治性で発作抑制がえられていなかった。VPAの平均投与開始時年齢は3歳7カ月、平均投与期間は17年と非常に長期であり、VPAの平均投与量は13.3mg/kg/day、平均血中濃度は85.4μg/ml であった。PCOS診断基準にある男性ホルモン高値基準を満たしたのが8例、LHとFSHの診断基準を満たしたのが5例で、卵巣MRIでは全例に多嚢胞卵巣を認めた。また、BMIが25以上の肥満が3例、HOMA-IRが2.0以上のインスリン抵抗性は全例に認められた。PCOS診断後は産婦人科や内分泌科と連携してホルモン治療やVPAの中止など適切な対応策を検討することが必要である。

Copyright © 2011 日本てんかん学会

この記事を共有