実験社会心理学研究
Online ISSN : 1348-6276
Print ISSN : 0387-7973
原著論文
行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連
樋口 収下田 俊介小林 麻衣原島 雅之
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 56 巻 1 号 p. 14-22

詳細
抄録

東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年以上たった今なお福島県の産物の風評被害は続いている。なぜ消費者は福島県の産物を危険視するのだろうか?2つの実験で行動免疫システムが活性化すると,汚染地域を過大に推定するかどうかを検討した。実験1では,プライミングの条件(病気の脅威条件vs.統制条件)に関係なく,慢性的に感染嫌悪傾向が高い人の方が低い人よりも,汚染地域を過大に推定していた。実験2では,感染嫌悪傾向が高い人では病気の脅威条件の方が統制条件よりも汚染地域を過大に推定していた。また感染嫌悪傾向が低い人では条件で差異はみられなかった。風評被害と行動免疫システムの関係について考察した。

著者関連情報
© 2016 日本グループ・ダイナミックス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top