実験社会心理学研究
Online ISSN : 1348-6276
Print ISSN : 0387-7973
原著論文
資源管理における行政への協力意図に関する地域と都市の住民比較:内モンゴルの草原管理を事例として
坂本 剛野波 寛蘇米雅哈斯額尓敦大友 章司田代 豊
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 57 巻 1 号 p. 51-62

詳細
抄録

本研究は,自然資源の管理政策への協力意図に影響を及ぼす要因の効果を明らかにすることを目的として,資源と直接的な関わりの深い地域の住民と比較的関わりの浅い都市の住民による政策への協力意図に至る心理的過程を比較検討する。中国・内モンゴルの牧畜地域の草原管理を事例として,管理政策への協力意図に対して,手続き的公正感,信用度,法規性が与える影響を分析するために,全住民が牧畜に従事するA村(n=146)と大都市のフフホト市(n=262)で調査を行った。信用度から協力意図への影響は地域住民に顕著に見られる一方で,都市住民は草原管理に関わる行政の法規性を高く評価している場合,手続き的公正感による影響が減じられる「法規性の干渉効果」を示した。法規性の干渉効果について,主に法規性が偏重されることの弊害に注目をして考察を行った。社会的ガバナンスの前提となる多様なアクターの参加という条件のもとでは,結果的に,社会の多数派によって行政が持つ単一の価値のみが重視されるというパラドックスが発生する危険性が指摘された。

著者関連情報
© 2017 日本グループ・ダイナミックス学会
前の記事
feedback
Top