日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
電子黒板で発表する学習者の思考と対話を促す指導方略
中橋 雄寺嶋 浩介中川 一史太田 泉
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 33 巻 4 号 p. 373-382

詳細
抄録

本研究は,「電子黒板を活用して学習者が考えを説明する学習活動」で生じる相互作用を調査し,学習者同士の思考と対話を促すために教師が行った指導方略をモデル化して捉えることを目的としたものである.学習場面をビデオで撮影するフィールド調査により,学習者および教師の発話と行動について分析を行った.その結果,教師の指導方略として,「対話のための場を整える」,「説明方法を指導する」,「自らモデルを示す」,学習者の説明に対して「受け答える」,「思考を促す問いかけをする」といった事象のカテゴリーが生成された.そして,それらを構成する要素の中には,<提示画像を準備する><説明を書き込むよう注意する><印の付け方を注意する><色を変えて比較させる><書き込みを保存させる><立つ位置の見本を示す><身振り手振りの見本を示す>といった電子黒板を活用することによる特徴的な所作・動作を伴う事象が確認された.

著者関連情報
© 2010 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top