日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
創発的コラボレーションを促すワークショップの活動構成 : アナロジカル・ジグソーメソッドの効果の検討(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング)
安斎 勇樹益川 弘如山内 祐平
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (2013) 3 号 p. 287-297

詳細
PDFをダウンロード (3722K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,協同制作を課題とした大学生向けのワークショップにおいて,創発的コラボレーションを促すプログラムの活動構成の指針を示すことである.本研究では,ジグソーメソッドと類推の効果を組み合わせた「アナロジカル・ジグソーメソッド」という活動構成を仮説として設定した.アナロジカル・ジグソーメソッドのほかに,ジグソーメソッドと類推の有無によって合計4群の活動構成を設定し,それぞれ2回(各6-7グループ)の実践を行い,各グループの制作プロセスを質的に分析した.その結果,アナロジカル・ジグソーメソッドによって活動を構成すると,創発的コラボレーションが促されることが示唆されたほか,視点の相違から類推が活用され,さらにそれが異なる視点から再解釈されたり,複数の概念を結びつけたりする可能性が示された.

著者関連情報
© 2013 日本教育工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top