日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
インクルーシブデザインワークショップにおける共感的理解を促すアイスブレイク手法の提案
安斎 勇樹塩瀬 隆之山田 小百合水町 衣里
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 37 巻 Suppl. 号 p. 97-100

詳細
抄録

本研究の目的は,視覚障害者をリードユーザーとしたインクルーシブデザインワークショップにおいて,障害者に対する晴眼者の先入観を取り除き,共感的理解を持ちながらコミュニケーションを取ることができるようなアイスブレイク手法を提案することである.「視覚が奪われた状態で,リードユーザーが日常経験するような生活作業に取り組み,リードユーザーから支援を受ける」というアイスブレイク手法を考案し,この手法に基づく場合とそうでない場合の参加者の発話を比較したところ,考案した手法に一定の効果があることが示された.

著者関連情報
© 2013 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top