日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ISSN-L : 1349-8290
児童生徒の被爆遺構巡りによる現在と過去をつなぐ視点獲得を支援するVRを用いた学習環境の開発と評価
藤木 卓川上 博之寺嶋 浩介小清水 貴子
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 37 巻 Suppl. 号 p. 121-124

詳細
抄録

児童生徒の被爆遺構巡りによって現在と過去をつなぐ視点獲得を支援するために,VRを用いた学習環境を開発し試行的な学習により評価を行った.その結果,自由記述で6名中4名の児童生徒が視点を獲得したと考えられることから,本VR学習環境は現在の街並探索との併用により,児童生徒の現在と過去をつなぐ視点獲得に活用可能であることが示唆される.また,質問紙調査の結果から,現在の街並探索とVR学習環境による過去の街並探索の学習は,児童生徒へ受け入れられたと言える.

著者関連情報
© 2013 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top