日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
学術共同体ネットワークにおける参加者の中心性変化と役割獲得
北村 智脇本 健弘松河 秀哉
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 37 巻 Suppl. 号 p. 129-132

詳細
抄録

本研究では実践共同体としての学術共同体に対するネットワーク分析によるアプローチを試みる.特に学習としての正統的周辺参加に着目し,共同体における参加者の「位置」を定量的に表現する手法として中心性を採用する.中心性からみた共同体における参加者の「位置」の変化と,共同体における参加者の役割獲得の関係を分析し,実践共同体に対するネットワークアプローチの妥当性について検討する.

著者関連情報
© 2013 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top