日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ISSN-L : 1349-8290
ショートレター
現職教師の教育実践研究活動の持続条件に関する一考察
益子 典文前田 康裕
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 41 巻 Suppl. 号 p. 141-144

詳細
抄録

現職教師が学校に勤務しながら教育実践研究を展開するためには,自らを実践知の生産者と位置づける「知識生産型」の認識を持つことが重要である.本研究では,働きながら学ぶ大学院を修了し,持続的に教育実践研究を展開している現職教師(第二著者)を対象とし,PAC 分析による教育実践研究のイメージの分析を行った.その結果,特徴的なクラスターの存在が見いだされた.この結果に基づき,現職教師が持続的に教育実践研究を推進するための条件について,研究者・実践者相互の立場から考察を行った.

著者関連情報
© 2017 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top