日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ISSN-L : 1349-8290
ショートレター
小学校理科授業におけるプログラミング体験の有効性
小学校第4学年「電流の働き」単元の事例
中山 迅小牧 啓介野添 生安影 亜紀徳永 悟新地 辰朗
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 43 巻 Suppl. 号 p. 69-72

詳細
抄録

改訂後の小学校学習指導要領で求められているプログラミング体験について,理科の教育目標や内容と整合しない学習活動に陥る危険性に着目し,その解決策について授業実践を通して事例的に検討した.小学校第4学年理科の「電流の働き」単元において,児童が作成・実行したプログラムについて,科学の言葉を用いた説明を行う活動を取り入れたところ,プログラムによって制御されたモーターで動く車の動作について,「電流」という言葉を用いて行う科学的な説明に向上が見られた.このことから,小学校理科の問題解決的な学習にプログラミング体験を日常生活と関連した文脈における「ものづくり」の活動として組み込むことで,プログラミング体験と理科の教育目標にそった問題解決の学習を整合的に実施できることが事例的に確認できた.

著者関連情報
© 2019 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top