日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ワークショップ実践者のファシリテーションにおける困難さの認識
安斎 勇樹青木 翔子
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 42073

詳細
抄録

本研究の目的は, 様々な領域でワークショップを行っている実践者(初心者~熟達者)を対象に, ファシリテーションにおいて認識されている困難さの実態について明らかにすることである. 152名を対象とした質問紙調査と16名を対象としたインタビュー調査の結果, ワークショップのファシリテーションの主な困難さは(1)動機付け・場の空気作り,(2)適切な説明・教示,(3)コミュニケーションの支援,(4)参加者の状態把握,(5)不測の事態への対応,(6)プログラムの調整, に類型化することができた. また, ワークショップの実践領域の違いによって困難さの傾向は異なること, また熟達するにつれて困難さは軽減されていくが, 初心者〜中堅には見えていなかった新たな困難さが認識されることが明らかになった.

著者関連情報
© 2018 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top