日本森林学会誌
Online ISSN : 1882-398X
Print ISSN : 1349-8509
論文
REDD+プロジェクトにおける裁判外紛争解決制度の地域コミュニティ救済に関わる要件の充足状況
相楽 美穂横田 康裕百村 帝彦
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 100 巻 4 号 p. 93-101

詳細
抄録

開発・保全プロジェクトの経験から得られた地域コミュニティが救済されるための紛争解決制度の要件を,REDD+プロジェクトの紛争解決制度が満たしているかにつき10事例のプロジェクト設計書の内容から分析した。その要件は,(1)紛争解決制度の設計や運営に地域コミュニティが関与すること,(2)問題が深刻化した場合に斡旋・調停する者が地域コミュニティから信頼され,その選定に際し地域コミュニティの意見が反映されることの2点である。分析の結果,2要件とも満たすプロジェクトはなかった。要件(1)を満たす場合は,地域コミュニティの既存の意思決定組織が制度に関与する事例が多く,さらにプロジェクトの実施主体でもある事例が多かった。加えて要件(2)の後半部分である斡旋人・調停人選定時の地域コミュニティの意見反映が満たされている事例も多かった。逆に要件(1)を満たさない場合は,地域コミュニティはプロジェクトの受け手となっており,プロジェクト実施主体が民間企業で構成されている事例が多く,その場合は,要件(2)に関して斡旋人・調停人の選定での意見反映に関する詳細が公開されていない事例が多いことが明らかとなった。

著者関連情報
© c 2018 一般社団法人 日本森林学会
次の記事
feedback
Top